矯正歯科と審美歯科の違い

矯正歯科と審美歯科の違い

歯医者さんというと、
「虫歯の治療をするところ」と思っている方も多いと思います。
しかし、今では様々な治療を行っている歯医者さんが増えてきているんですよ。
その中には、矯正歯科や審美歯科といったものがあり、様々なケアを行っていくことが出来ます。
こう聞くと、「矯正歯科と審美歯科って、どう違のだろう?」と疑問に感じた方も多いのではないでしょうか。

 

では、矯正歯科と審美歯科の違いについて、ご紹介しましょう。
まず、矯正歯科というのは一般的に、
歯の噛み合わせを良くするために治療を行っていく歯医者さんとなっており、
歯列矯正を行っていくことがメインとなります。
お子さんがいる方の場合には、「子供の歯並びが悪い」と感じている方もいると思いますが、
お子さんの場合には発育をコントロールすることが出来、
骨格バランスを整えながら、無理なく矯正を行っていくことが出来ますから、
早めに矯正をはじめることがおすすめ。
もちろん、大人の方でも気になる歯並びなどを矯正することが出来ます。

 

それに比べ、審美歯科の場合には、見た目で気になる歯などを改善していくことがメイン。
例えば、タバコを吸う方やワインやコーヒーを良く飲む方であれば、
「歯が、黒ずんできている」「黄ばんできている」と気になっている方もいると思いますが、
審美歯科であればこれらの歯の色を変えることが出来ます。
また、歯の形を整えることも出来ます。
しかし、噛み合わせに関しては審美歯科では治療が出来ないため、注意が必要。
審美歯科の場合には、短期間で改善することが目的となっていますから、
歯の寿命は短くなってしまう可能性がありますので、
これらも考慮した上で治療していくことが必要となるでしょう。

 

このように、矯正歯科と審美歯科ではメインとして行っている治療が変わってきます。
「歯を綺麗にしたい」と思った時には、どういった目的で行うのか、どういったケアをしたいのかを考え、
適切な歯医者さんを選ぶことも大切となるでしょう。

 

口元に自信をつけるならココ

関連ページ

噛み合せを改善
噛み合せを改善
矯正歯科で噛み合わせを改善
矯正歯科で噛み合わせを改善
虫歯リスクを抑える
虫歯リスクを抑える
子供が歯科治療を始めるタイミング
子供が歯科治療を始めるタイミング
噛み合わせのチェック方法とは
噛み合わせのチェック方法とは
噛み合わせ悪化による虫歯や歯周病
噛み合わせ悪化による虫歯や歯周病