矯正歯科について

子供が歯科治療を始めるタイミング

皆さんの中にも、子供の頃に
歯科矯正治療を受けた経験があるという人がいることでしょう。

 

子供と大人では、歯科矯正のやり方が大きく異なります。

 

子供は顎の関節もまだ成長段階にあるため、
むやみに矯正を始めれば良いというわけではないのです。

 

子供の歯科治療を始めるのに
最適なタイミングについて見ていきましょう。

 

幼稚園や保育園に通っている段階から
歯科矯正を始める必要は全くありません。

 

この式に歯並びが歪んでいたとしても、
そこには理由が存在します。

 

特に、乳歯が抜け始める5歳ごろのお子さんでしたら、
歯科矯正を目的として歯科医院を訪れなくて結構です。

 

乳歯が抜けるときに歯の間に隙間があるようなお子さんでも、
前歯や奥歯から3本目の歯が生え変わるまでは待っていてください。

 

歯科矯正では、そこまで生え変わってから始める歯科矯正を
第一期治療と呼びます。

 

つまり、この時期までに歯科矯正をする必要な場合は
ほとんど無いと認められているのです。

 

歯が全て生え変わってから始める歯科矯正、
いわゆる第二期治療を受けられるようになったときに
歯並びや噛み合わせに不具合を感じるようでしたら、
歯科医院で歯科矯正を受けましょう。

 

ただし、極端に前歯が迫り出している場合については、
お子さんの噛み合わせが原因でそのような状態に陥っていることもあります。

 

このケースでは将来に亘った不正咬合を防ぐためにも、
1度歯科医院を受診して正しい噛み合わせについて説明してもらいましょう。

 

いずれにしろ、お子さんの歯の状態を
気にしてあげることが大切なのは間違いありません。

 

ブラッシングが正しく出来ているか、
正しい噛み合わせでものを噛んでいるかといった点を
日々チェックしてあげましょう。
 

関連ページ

噛み合せを改善
噛み合せを改善
矯正歯科で噛み合わせを改善
矯正歯科で噛み合わせを改善
矯正歯科と審美歯科の違い
矯正歯科と審美歯科の違い
虫歯リスクを抑える
虫歯リスクを抑える
噛み合わせのチェック方法とは
噛み合わせのチェック方法とは
噛み合わせ悪化による虫歯や歯周病
噛み合わせ悪化による虫歯や歯周病