噛み合わせ悪化による虫歯や歯周病

噛み合わせ悪化による虫歯や歯周病

自分の噛み合わせを気にして
口腔ケアを行っている人がどれくらいいるでしょうか?

 

歯の着色や歯茎の腫れなど、お口に関するトラブルは様々です。

 

しかし、噛み合わせに関しては
あまりにも食物を噛むという動作があまりにも身近過ぎるため、
不自由がそこまで無い場合には見過ごされがちです。

 

虫歯や歯周病といった症状は、
ブラッシング不足や生活習慣によって引き起こされるものと
思い込んでいる人も多いことでしょう。

 

確かにそうした側面も要因として考えられますが、
実は噛み合わせも大きく関わっていたのです。

 

まずは、虫歯について見ていきましょう。

 

噛み合わせが悪いということは、
通常とは異なる?み方で食事をしていることになります。

 

ということは、食物を噛んだときの食べカスや
細菌が繁殖する場所も一般的な場所とは違う可能性が高まるのです。

 

歯磨きをいくら熱心にやっていても
磨き方が足りないといわれている人の中には、
噛み合わせが悪いことが原因という方も少なくありません。

 

言い換えれば、噛み合わせを改善することで
虫歯になるリスクを減らすことも夢ではないのです。

 

歯周病とは、歯茎が弱ってしまうことによって起きる症状のことを指します。
私たちがものを噛むとき、大きな力が歯と歯茎にかかっています。
歯並びや噛み合わせが悪い人は、
同じ歯で噛む癖を持っていることが多く、
それが原因で歯茎が大きなダメージを受けているのです。

 

こうした習慣を重ねていると、
その部分から歯茎が弱り歯周病を発症してしまいます。

 

歯並びに関して自信が無いという方は、
1度矯正歯科医院を受診してみましょう。
http://www.oral-dental.jp/

関連ページ

噛み合せを改善
噛み合せを改善
矯正歯科で噛み合わせを改善
矯正歯科で噛み合わせを改善
矯正歯科と審美歯科の違い
矯正歯科と審美歯科の違い
虫歯リスクを抑える
虫歯リスクを抑える
子供が歯科治療を始めるタイミング
子供が歯科治療を始めるタイミング
噛み合わせのチェック方法とは
噛み合わせのチェック方法とは