矯正治療中の歯磨きのポイント

矯正治療中の歯磨きのポイント

矯正歯科は、時間がかかる治療です。
そして矯正治療を行っている間は、歯並びや噛み合わせを整えるために矯正器具を装着するのが一般的です。
ですが矯正器具をつける事で、歯磨きがしづらく虫歯になるリスクが高まってしまいます。

 

矯正治療中に、虫歯になってしまうと、先に虫歯の治療を行う必要があり、その間は矯正治療が中断されてしまいます。
そうなれば、ますます矯正治療に時間がかかってしまいます。
なので、矯正治療中でも、虫歯にならないように歯磨きをするポイントと、歯磨き便利グッズを紹介します。

 

まず矯正治療中の歯磨きのポイントですが、特に念入りに行う必要があるのが矯正器具・ブランケットの上下のくぼみです。
食べかすが残ってしまいがちなので、ブランケットの上下の汚れを落とす事を意識して下さい。
歯ブラシは45度の角度で、上下を分けて丁寧に磨く事がポイントです。

 

そして歯と歯の間は、歯ブラシの先端を使っても汚れが除去しきれません。
そのため歯間ブラシやデンタルフロスを活用しましょう。
歯をしっかり磨こうとすると、どうしても歯ブラシを強く握りがちになってしまいます。

 

ですが矯正中の歯磨きは、丁寧に時間をかけて行う必要があるため、力を入れると手が疲れてしまいます。
なので、力を抜いて、軽く握る事がポイントだと言えます。
あと歯を磨く順番を決めると、歯の磨き残しを防ぐ事が出来ます。

 

オススメしたい便利グッズとしては、染め出し剤を使用する事です。
染め出し剤とは、歯に磨き残しがあると、汚れている部分が赤く染まります。
つまり自分の歯にどれぐらい磨き残りがあるのか、どの部分が上手く磨けていないのか、視覚化する事で効果的に歯磨きが出来るようになるでしょう。

 

宇都宮でおすすめの歯科 詳細はこちら

関連ページ

矯正治療で失敗する原因について
矯正治療で失敗する原因について
矯正治療を受ける事を考えている人へ
矯正治療を受ける事を考えている人へ
歯科矯正にかかる費用とは
歯科矯正にかかる費用とは
矯正歯科と審美歯科の類似点と相違点
矯正歯科と審美歯科の類似点と相違点
最新の矯正治療について
最新の矯正治療について